インドネシア向け円借款貸付契約の調印:国内初の地下鉄の整備により交通渋滞の緩和に貢献

2018年10月24日

署名式の様子

国際協力機構(JICA)は、10月24日、ジャカルタにて、インドネシア共和国との間で、「ジャカルタ都市高速鉄道事業(フェーズ2)(第一期)」を対象として700億2,100万円を限度とする円借款貸付契約(Loan Agreement: L/A)に調印しました。

本事業は、交通混雑が深刻なジャカルタ首都圏において、インドネシア初の地下鉄事業となるジャカルタの南北を結ぶ都市高速鉄道システムを建設し、増加する輸送需要への対応・交通混雑の緩和、投資環境の改善、環境負荷の軽減を目的としています。

なお、本事業に対する円借款には本邦技術活用条件(STEP)(注)が適用され、本事業の土木工事では、日本企業が得意とする泥土圧シールド工法が活用され、日本の車両や信号システムが導入される予定です。

(注)Special Terms for Economic Partnershipの略。わが国の優れた技術やノウハウを活用した途上国への技術移転を通じて、わが国の「顔の見える援助」を促進するために創設された円借款の供与条件。主契約は日本タイド、下請けは一般アンタイド。なお、主契約者については、本邦企業と海外に存する本邦企業の子会社に加えて、借入国との共同企業体(JV)を認めるが、本邦企業が当該JVのリーディング・パートナーとなることが必要。

事業の詳細は以下の通りです。

1.借款金額及び条件

案件名 借款金額
(百万円)
金利(%/年) 償還
期間(年)
据置
期間(年)
調達条件
本体 コンサルティング・サービス
ジャカルタ都市高速鉄道事業(フェーズ2)(第一期)Construction of Jakarta Mass Rapid Transit Project (Phase 2) (I) 70,021 0.1 0.01 40 12 日本タイド

2.事業実施機関
運輸省鉄道総局(Directorate General of Railways, Ministry of Transportation)  
住所: Jl. Medan Merdeka Barat No. 8 Jakarta 10110
TEL:+62-21-3505558 FAX: +62-21-3523643

ジャカルタ首都特別州政府(Provincial Government of DKI Jakarta) 住所:Jakarta Provincial Government Building, Jl. Mean Merdeka Selatan No.8-9, Jakarta 10110
TEL: +62-21-3822159 FAX: +62-21-3842871:

ジャカルタMRT運営会社(PT Mass Rapid Transit Jakarta)
住所:Wisma Nusantara, 21st Floor, Jl. M.H. Thamrin 59, Jakarta 10350
TEL:+62-21-3103629  FAX:+62-21-3155846

3.今後の事業実施スケジュール(予定)
(1)事業の完成予定時期:2025年6月(全施設の供用開始時をもって事業完成)
(2)コンサルティング・サービス(施工監理等)にかかる招請状送付予定時期:2019年1月
(3)本体工事に係る国際競争入札による最初の調達パッケージの入札公示:
調達パッケージ名:土木工事パッケージ(Civil Works Package)
予定時期:2019年2月
(4)JICA情報提供窓口
本事業の調達スケジュールに関する情報は、下記窓口にお問い合わせください。
国際協力機構インドネシア事務所 運輸セクター情報窓口
(Contact Point for Transportation Sector, JICA Indonesia Office)
住所:Sentral Senayan II, 14th Floor Jl. Asia Afrika No. 8, Jakarta 10270, INDONESIA
TEL:+62-21-5795-2112、FAX:+62-21-5795-2116

関連リンク: