技術協力プロジェクト専門家・個別専門家

技術協力プロジェクト専門家(チーフアドバイザー)とは

技術協力プロジェクトで、専門家チームを統括する専門家です。プロジェクトの日本側代表者として、チームのマネジメントや対外折衝などを行う高い能力が求められます。

また、マネジメントのみならず、相手国カウンターパート(C/P)に対し特定の課題・分野に関する助言・指導を行うこともあります。

技術協力プロジェクト専門家(技術移転型)とは

技術協力のプロジェクトで、特定の課題に対して自らの知見・経験を活かして提案や技術移転を行う専門家です。

プロジェクトの中でも特に高い専門性や分析力等が求められます。

技術協力プロジェクト専門家(業務調整)とは

技術協力のプロジェクトで、チーフアドバイザーが行うプロジェクト運営業務を補佐し、プロジェクトの調整業務を行う専門家です。プロジェクトがスムーズに進捗するよう、事務や会計など様々な手続きを中心となって担ったり、プロジェクトのチームメンバー、JICA本部、在外事務所、日本大使館、相手国政府、他ドナーなどの関係者と連絡調整を行ったりします。調整業務と併せて、相手国C/Pに対し、特定の課題・分野に関する助言・指導を行ったり、また、プロジェクトの広報活動を行ったりすることもあります。

個別専門家とは

相手国政府機関等に配置され、省庁の局長などの政府高官等をC/Pとして、政策の企画立案に際して日本の経験や他国の取組事例などの紹介を行ったり、組織内の人材育成の支援や行政マネジメントに関する助言を行ったりします。

日本の援助方針を踏まえつつ、ドナー会議や相手国政府との会議に参加し、援助協調を促進する役割を担うこともあります。

応募条件

※応募にあたっては、PARTNERにて『国際協力人材登録』が必要です。

いずれの専門家も、開発途上国でODA事業を担う専門家としての資質と能力が求められます。

現在公募中のポストについては、PARTNERをご覧ください。