各国における取り組み

東南アジア諸国におけるインフラ整備や投資環境整備、裾野産業育成への支援、中東地域における民主化支援や新たな国づくりの支援、サブサハラ・アフリカにおけるTICADプロセスの推進など、JICAは地域・国ごとの現状やニーズに即した支援を展開しています。主要な支援対象国についてはJICA国別分析ペーパー(注)を作成し、効果的な協力を行っています。

(注)JICA国別分析ペーパー(JICA Country Analysis Paper)とは、JICAが開発途上国に対する協力を効果的に実施していくにあたり、協力対象国の開発の現状などを開発援助機関の視点で整理・分析し、協力の実施に関する考え方や方向性を導き出すために作成している文書です。日本政府が作成する「国別援助方針」等の援助政策策定の参考・根拠としても活用されています。

事業別協力実績(IATI XMLフォーマット)

組織関連情報及びプロジェクト情報