シエラレオネ

シエラレオネでは1991年に反政府軍が武装蜂起し、内戦が勃発しました。内戦では、100万人を超える避難民が発生し、同国の経済社会インフラは壊滅的な打撃を受けました。2002年の停戦合意以降、政治的安定及び平和の維持を達成し、経済成長率も年平均8%(2003-2013のGDP成長率)を記録するなど成長軌道に乗ったかのように見えた矢先、2014年、エボラ出血熱が勃発、政府は非常事態宣言を宣言、外出禁止令が出されるなど同国の社会経済は混乱、停滞しました。2016年のエボラ終息宣言まで4000人近くの犠牲者を出し、シエラレオネの社会に大きな爪痕を残しました。
エボラ終息後、シエラレオネの主要な輸出産品である鉱物資源価格が世界的に低迷し、外貨収入は急減、現地通貨は下落、インフレが高止まりし、同国は低成長に苦しんでいます。
2018年の政権交代により発足したビオ政権は、汚職撲滅を掲げ、社会分野では教育セクターを重視、経済セクターでは農業セクターを重視する方針を打ち出し、鉱物資源に過度に依存したいびつな経済からの脱却を試みています。

事務所情報

シエラレオネ支所
JICA SIERRA LEONE OFFICE

更新情報

協力情報

プロジェクト紹介(ODA見える化サイト)

プロジェクト紹介

シエラレオネでの代表的なプロジェクトについて紹介します。

事業別プロジェクト一覧

技術協力、有償資金協力(円借款)、無償資金協力、草の根技術協力それぞれのプロジェクト情報は以下からもご覧いただけます。

プロジェクト所在地図

シエラレオネで実施中のプロジェクトがどの地域で行われているかご覧いただけます。

プロジェクト以外の協力形態

シエラレオネにおけるボランティアや国際緊急援助の情報は以下からご覧いただけます。

協力実績

これまでのシエラレオネに対する協力の統計をご覧いただけます。

資料・報告書

シエラレオネのプロジェクトに関する資料・報告書をご覧いただけます。