「TVET質向上プロジェクト」の合意文書締結

2018年3月15日

国際協力機構(JICA)は3月15日、「TVET質的向上プロジェクト」実施に係る合意文書(Record of Discussion:R/D)を、教育省TVET局(Department of Technical Vocational Education and Training, Ministry of Education)との間で署名しました。

本プロジェクトは、ミャンマーにおいて質・量ともに改善が強く望まれる産業技術教育・訓練(TVET)セクターにおける最初の技術協力プロジェクトです。プロジェクト実施期間は5年、ヤンゴン市内に位置する旧アウンサン技術高校の跡地を利用して、日本でいう技術系短期大学にあたるTVET機関を新たに設立し、自動車整備と電気の2分野において、3年間のディプロマ・コースを立ち上げることを目的としています。新TVET機関設立に際しては、別途無償資金協力による施設建設の支援も検討しています。プロジェクトの実施に際しては、日本から公的TVET機関の設置や強化に長けた専門家を派遣し、当該短期大学におけるカリキュラム・教科書開発、教員の研修、必要な機材の整備と管理、学校運営にかかる技術移転を行いつつ、ミャンマーにおける労働市場に合致した実践的な技術教育を図ります。

本プロジェクトの実施により、自動車整備と電気の両分野における優秀な中堅技術者(テクニシャン)を輩出するとともに、ミャンマーの社会・経済発展を支える産業人材育成の基盤強化にも貢献することが期待されます。

【画像】

【画像】