展示・イベント情報

展示会
企画展・パネル展「まちづくりってナニ?展」

「住み続けられるまち」ってどんなまち?
私たちが、この先もずっと住み続けられるまちにするためには、例えば、高齢者や障害がある方たちも使いやすい、バスや電車などの公共交通機関がある、災害による被害や不安を減らし、地域の人たちが話し合いながら、安全なまちづくりの計画をする、大気汚染やごみの問題に悩まされることなく、きれいな環境を守ることなどが必要です。
JICAは日本の経験を生かし、開発途上国の人々と共にまちづくりを進めています。
展示を通して、私たち一人ひとりが持続可能なまちづくりのために取り組めることについて考えてみませんか。

【1階 企画展】
日本の経験を生かし、開発途上国の人々と共に進めるまちづくりに関するJICAの取組みを紹介しています。展示を通して、私たち一人ひとりが持続可能なまちづくりのためにできることを一緒に考えてみませんか。
◆ここが見どころ!
・ごみ問題に挑む(スーダン)
・信頼されるKOBANを世界へ(ブラジル)
・市民の生活だけでなく意識も変えた地下鉄(インド)
・清潔な水と衛生的な環境を(メキシコ)
・誰もが外出しやすいまちづくり(モンゴル)
・復興経験からお互いに学びあう(インドネシア)

【2階 パネル展】
旅行で行ったことのある街、これから行ってみたい街、2階では世界中の街の写真をパネル展示しております。また、アフリカ13か国の子ども達が「こんな街に住みたい!」という思いを込めて描いた「環境絵日記」も展示しております。個性豊かな絵日記をぜひご覧ください。