トピックス(2017)

ミニワークショップ「シリアの刺繍でくるみボタンづくり」

2018年2月1日

子どもから大人まで、たくさんの方々が参加してくださいました

くるみぼたん、かわいくできました!

どれも個性的で素敵な刺繍・・・どれに投票しようか、迷ってしまいます

紛争に巻き込まれた女性たちがシリア刺繍を施した布を使って、くるみボタンをつくるミニワークショップの第2回目を開催しました。今回は、小さなお子様から大人の方までたくさんの方に参加していただき、にぎやかなイベントとなりました。子どもたちは自分で作ったくるみボタンに大満足し、大人の方々は、シリアの女性や刺繍のお話にも関心を寄せていただきました。それぞれが遠い国に思いを馳せ、シリアの人々を想う良い時間になったようです。

今回くるみボタンに使用している刺繍は、「長引くシリア紛争で生活基盤のすべてを失いつつある女性たちに『針と糸』で収入の道を開くプロジェクト」を実施しているイブラ・ワ・ハイトの活動によって制作されていますが、同団体では、彼女たちの創造力や芸術性を高めるため、刺繍のコンテストも行っています。なごや地球ひろばでも、ミニワークショップの日だけ特別にコンテスト作品をお借りして投票を行っています。

次回、2月11日(日曜)のミニワークショップ「シリアの刺繍でくるみボタンづくり」は、定員に達したため現在キャンセル待ちとなっていますが、コンテスト投票の参加はできますので、ぜひなごや地球ひろばに遊びに来てください!