• アクションから選ぶ

世界が見えるトピックス 開発途上国レポート

村の女性たちがつくる未来

村の女性たちがつくる未来

ビシュケクから車で東へ6時間、キルギス第4の都市、カラコル。ここで知花さんが訪れたのは、女性を中心とした組合を作り、工芸品や加工食品の生産・販売を通して人々の生活向上や地域活性化につなげる取り組み、一村一品プロジェクトの現場です。工房では、組合の指導的立場となるお母さんたちが各パートに分かれて手際よく作業しています。

村の女性たちがつくる未来

知花さんは、フェルト小物の制作を体験し、地域ならではの食材で作られた手作りジャムを試食。この取り組みを7年間支え続ける原口専門家は、「今では160ものグループが各村にできました。あと半年でこのプロジェクトが終了してもこの取り組みを継続させ、自立できる仕組みを確立させたい。その為には村人たちを引っ張るリーダーの育成が必要」と力強く語ります。

村の女性たちがつくる未来

知花さんは「お母さんたちが楽しそうに仕事をしているのが印象的でした。リーダーとなる人がもっと活躍していくといいですね」期待を見せていました。

村の女性たちがつくる未来

TOPへ戻る