トピックス&イベント情報

みんなの学校スタディーツアー

掲載日:2008年6月6日

【写真】

COGESメンバー・住民とツアー参加者の質疑応答

【写真】

コミュニティ幼稚園:先生と一緒に歌う園児

2008年5月28〜29日、通称「みんなの学校」プロジェクト(正式名称:住民参画型学校運営改善計画フェーズII)の活動拠点のあるタウア県において、スタディツアーが実施されました。

本ツアーには、協力隊員を中心に20人以上の関係者が参加し、プロジェクトや協力隊員が支援する小学校を訪問、学校運営を支える学校運営委員会(COGES)メンバーから話を聞き、COGES活動により住民が建設した校舎や、コミュニティ幼稚園を見学しました。

「みんなの学校」プロジェクトは、JICA事業の成功事例の一つであり、横浜で行われた第4回アフリカ開発会議(TICADIV)の中でも、このプロジェクトのアプローチをアフリカの他国にも広げていくことが行動計画に盛り込まれています。参加者からは、今回実際に現場を訪問し話を聞くことで、「住民の教育を求める気持ちの強さ」に圧倒され、また、就学促進の啓発活動の中で母親をはじめとした女性が大きな役割を果たしていることを目の当たりにし、「みんなの学校」プロジェクトの影響の大きさを実感することができた、という感想がありました。