トピックス&イベント情報

世界エイズデーコンサート

掲載日:2008年12月24日

【写真】 【写真】

2008年12月1日、世界エイズデーコンサートが首都ニアメにて行われました。

毎年、ニジェールでは世界エイズデー実行委員会が組織され、様々なイベントやキャンペーンが行われています。実行委員会には、国家エイズ対策委員会が中心となって、保健省などの各省庁、NGOなどの市民組織、国際機関など、エイズ対策に関わっている団体から人が集められます。今年はJICAボランティアも実行委員会の一員になり、世界エイズデーコンサートを企画しました。

コンサート1ヶ月前から、テレビやラジオを使ってコンサートの宣伝を行い、併せてHIV検査を受けることの重要性も呼びかけました。

世界エイズデー当日の日中は、行進、大統領夫人を招いての高校生対象バスケットボール大会、HIV検査が行われ、夜のイベントとしてコンサートが行われました。3000席の会場は満席になり、7組のミュージシャン達がエイズに関する歌を歌い、歌の合間に、コメディアンやアニメーターによる啓発が行われ、HIV検査、エイズ蔓延の防止、エイズに対する差別、偏見の解消についてのメッセージが発せられました。

「他アフリカ諸国に比べてニジェールのHIV感染率はまだ高くはないが、この世界エイズデーをきっかけに、包括的なエイズ対策を行っていきたい。」と、実行委員会のメンバーは話していました。

(青年海外協力隊18年度3次隊エイズ対策 東海林美紀)