トピックス&イベント情報

第17回友好親善陸上競技ベナン大会

掲載日:2009年8月26日

2009年5月15から17日にかけて、ベナンにて開催された、近隣国5カ国(マリ、ブリキナファソ、ベナン、トーゴ、ニジェール)が集まる第17回陸上競技大会に、ニジェール代表コーチとして行きました。

ニジェールからは男子27名、女子15名の計41名で参加しました。陸上競技は個人の種目の順位を競うだけでなく、順位によって点数をつけ、その総合得点を最終的に競い合うということもやります。これは、日本でもどこの国でも同じです。そのため、全国大会常連校などは、個人の活躍と共にこの総合での優勝を目指すのです。今大会では、各種目1位11点、2位9点(以下1点刻み)と点数をつけていき、ニジェールは男子総合3位、女子総合4位、男女総合4位という結果でした。

男子、女子、男女総合ともに、1位はブルキナファソ、2位はマリでしたが、この両国は圧倒的でした。ニジェールの女子選手は裸足、他の国の選手はスパイクなので、レースでは勝てませんでした。

今回、ニジェール選手は、ニジェールのニアメからベナンのコトヌーまでバス移動。12日午後に出発し、大会前日の14日23時30分にベナンに到着するなど、かなりのハードスケジュールだったので、選手は大会の休み時間には、口々に「疲れた。おしりが痛い。」と言っていました。しかしそのなかで、男子砲丸投げ、女子やり投げでニジェール記録、男子3000m障害では大会記録を出す、という活躍をしました。主に投てき競技を教えている私としては、うれしい結果です。

今回、国際大会に参加するにあたり、予定よりもコトヌー到着が遅れるといった問題がありましたが、無事に大会を終えることができました。本大会を通じて選手も指導者も多くのことを学び、刺激を受けることができたのではないかと感じました。第18回大会はニジェールで開催される予定なので、来年に向けて頑張りたいと思います。

(青年海外協力隊 20年度2次隊 体育 小田嶋 誠)

【画像】

コトヌー市アミティエ競技場

【画像】

集合写真

【画像】

開会式

【画像】

男子走り高跳び

【画像】

男子4×400mリレー

【画像】

女子4×400mリレー