トピックス&イベント情報

6月5日「世界環境デー」の交流イベント

掲載日:2010年9月3日

6月5日(土)、カルマ市で「世界環境デー」にちなみ、植樹祭と交流イベント(住民による船漕ぎ競争、小学生のサッカー大会、協力隊員による空手演部、参加隊員の紹介など)が、環境教育の導入や青少年育成ならびに住民との親睦を深める目的で行われました。主催はカルマ市役所で、市内小学校5校とニジェールの協力隊員が参加しました。カルマ市では3月にも、教育視学官事務所とJICAが主催となり、青少年活動の短期ボランティアによるイベント(運動会や演劇など)が開催されています。

今回の植樹祭および交流イベントは、企画から予算までを市役所と森林官が行い、カルマ市主導での初の大きなイベントとなりました。植樹祭では、市内で一番大きな小学校カルマ・サントル校にて、カルマ市長、事務局長、森林官によるマンゴーの木10本の植樹が行われました。その後も、船漕ぎ競争、参加隊員の紹介、空手演部、サッカー大会と、大盛況の1日でした。特に、船漕ぎ競争は初めての試みということで、主催者や住民の期待も高く、大きな盛り上がりを見せました。また、青少年隊員による空手演武は住民のほとんどが実際に見るのが初めてで、息を飲むほど見入っていました。

今回のイベントは、3月の青少年短期ボランティアによる活動の一貫として実施した、市内4つの小学校合同の運動会を参考にして企画、開催されました。また、カルマ市では、長期の協力隊員を2010年から初めて受け入れることになり、協力隊の活動を理解してもらう良い機会となりました。さらに、市役所主導での企画・開催ということで、カルマ市民全体の自信にも繋がる素晴らしいイベントとなりました。今後カルマ市には協力隊員の数が増える予定なので、継続して住民を対象とした活動を広げ、その成果を形として残せるようにしていきたいと思います。最後に、イベントの準備や当日の参加、手伝って下さった皆様に感謝の意を表したいと思います。

カルマ市役所配属 21−3 環境教育 山口綾子

【写真】

参加した協力隊員の紹介

【写真】

植樹祭の様子

【写真】

「カルマ2010」

【写真】

船漕ぎ競争

【写真】

空手演武の様子