【修了式】青年海外協力隊2017年度2次隊

2017年度2次隊青年海外協力隊131名の修了式を執り行った。訓練期間7/6〜9/13、派遣国数25か国。代表謝辞を務めたのは生活班10班の班長でベトナムへ職種「マーケティング」で派遣される山田邦永隊員で、以下に全文の写しを掲載する。隊員達はこれから渡航準備を整えながら各都道府県知事・市区町村長へ出発の表敬訪問を行い、9月下旬頃からそれぞれの派遣国へ赴任していく。

2017年9月13日

隊員代表謝辞(全文)

二本松市より記念品の贈呈

にほんまつ地球市民の会より記念品の贈呈

隊歌「若い力の歌」

謝辞

 高く澄みきった空に白いうろこ雲が浮かびはじめ、ここ、二本松訓練所でも朝夕はずいぶん涼しくなりました。本日は、洲崎所長をはじめ、スタッフの皆さま、来賓の皆さまのご臨席のもと、このような盛大な修了式を挙行していただき、謹んでお礼の言葉を申し上げます。私たち、青年海外協力隊2017年度2次隊総勢131名は、本日、1人として欠けることなく、派遣前訓練を修了します。

 まぶしい夏空のもと、セミの声が聞こえる7月6日、バラバラだった私たちの行く道が、二本松の地で初めて交差しました。あれから70日間、振り返ると、語学では互いに励まし合いながら、昼夜習得に努めました。また、講座をとおして、文化の異なる任国での活動手法や危機管理などを学びました。そして、雨の野外訓練では、困難な環境の中で寝食を共にし、知恵を身に付けながら仲間との絆を強めました。一方、規律正しい訓練生活を実現するために、腹を割って話しながら、もがいたこともありました。今となっては、訓練での取り組み全てが、かけがえのない思い出です。

 私たちは70日間で多くのことを学び、任国での活動の基礎を築きました。これは、皆さまのサポートなしに語ることはできません。二本松市民の皆さまには、常に温かく歓迎していただきました。語学の先生方には、私たちが少しでも上達するよう、授業の準備からフォローアップまで、丁寧に指導いただきました。食堂のスタッフには、毎日バランスのとれた食事を提供いただきました。商船三井興産株式会社の皆さまには、ここNTCを常にきれいに清掃いただきました。JICA・JOCAのスタッフには、班生活のサポートを含め、多岐に渡ってお世話になりました。そして、家族、友人には心の支えとなる激励をいただきました。この全てが、私たちの訓練を更なる高みへと導いてくれました。皆さまからいただいたご支援の全てに、心よりお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。

 ところで、さまざまなバックグラウンドを持ち、幅広い年齢層の私たちは、「国際協力」を基点として、ここNTCで出会い、互いに学び合い、互いを隔てる障壁を取り去って交流しました。そして、2017年度2次隊ならではの、創造性に満ち溢れた取り組みが生まれました。図書委員のビブリオバトル、ラジオ委員の「世界も、自分も、変えるラジオ」、フィールドワークでの二本松市紹介動画、また、職人を招待しての和菓子講座や、途上国支援と密接な関係にある寄付の自主講座、さらに1日の始まりは斬新で、体育委員主導でヨガやレゲエのラジオ体操に取り組み、型破りのラップも飛び交いました。最後に、深い感動と強い一体感に包まれた、昨晩の前夜祭。今朝の円陣を組んでの「若い力の歌」の合唱。これら全て、それぞれの個性と個性が交差することで創り出されたものです。有意義で、楽しく、思い出に残る訓練を一緒に創り上げてきた、ここにいる最高の仲間たちに、お礼を伝えます。みんな、どうもありがとう。

 最後に、私の人生の羅針盤にもなっている、キング牧師の言葉を紹介します。
 “Power without Love is reckless and abusive,
and Love without Power is sentimental and anemic.”
“愛無き力は、向こう見ずで悪用されやすく、
 力なき愛は、感傷的で生気がない。”

 社会を変えるために本当に必要なものは、愛だけにでもなく、力だけにでもなく、愛と力の交差点にこそ宿る、ということを意味しています。我々協力隊一同は、途上国支援の一翼を担いたいという愛と、支援する専門領域という力の、両者を兼ね備えています。そして、この訓練をとおして、それぞれの愛と力に、より一層、磨きをかけました。我々は任地に変化を起こすべく存在であることを、私は確信しています。

 70日前、二本松の地で1つに交差した私たちの道は、支援を必要としている世界中の国々の元へと、本日をもって、分かれていきます。任期を全うし、必ず無事に帰ってきましょう。そして2年後、新しい交差点で、再会しましょう。

 2017年9月13日
 2017年度2次隊青年海外協力隊
 隊員代表 山田邦永


※原文を尊重し、漢字・仮名遣い・漢数字等の表記は原文のままとしております。

公式Facebookのご案内

【画像】 JICA二本松の公式Facebookでは訓練所の様子を日々投稿しています。

 JICAボランティアに応募をご検討中の方や、これから入所して来る方々は、訓練の日常を知るために。

二本松訓練所を卒業した隊員の皆様は、懐かしい訓練生活を思い出すために。

国際協力に興味のある方々は、イベント情報のチェックのために。

 ページへの「いいね!」ボタンをクリックすると、ニュースフィードに新規投稿の記事が表示されますので見逃しがありません。ぜひ「いいね!」ボタンで応援をよろしくお願いいたします。