「地方マスメディア派遣」でルワンダへ!

 10月6日〜14日の日程で、福島民報新聞・福島民友新聞の記者にルワンダのJICA事業を取材いただく「地方マスメディア派遣」を実施する。

2017年10月5日

ルワンダへ!

福島民報新聞・福島民友新聞記者
福島県の観光ポスターの前で。

 JICAではマスメディアに途上国の国際協力の現場まで実際に行って取材していただく「地方マスメディア派遣」を毎年、全国で実施している。今般、JICA二本松では福島県全県をカバーする地元2紙の福島民報新聞・福島民友新聞の記者をルワンダへ派遣し、JICA事業を取材いただくこととなった。

■日程
2017年10月6日 日本出発
10月7日〜13日 現地滞在
10月14日 帰国

■行き先
ルワンダ共和国

■取材内容
1.JICAの「草の根技術協力」で「ルワンダ共和国 小学校教員の算数指導力向上プロジェクト」が実施中。今回、JICA二本松職員がその中間モニタリングのため現場を訪問し調査。実施団体は福島市を拠点とするNPOルワンダの教育を考える会で、このプロジェクトではルワンダ人の教員が福島市内の小学校で研修を受けている。福島の学校の先生の教科指導技術がルワンダの国際協力に役立っている模様を取材。

2.10/9(月・祝)開催予定のUNDO-KAI(運動会)
 上記「ルワンダ共和国 小学校教員の算数指導力向上プロジェクト」で支援するルワンダ国キガリ市にあるウムチョムイーザ学園を、先般、岡本行夫JICA特別アドバイザーが視察した。帰国後に岡本氏の呼び掛けでNTTドコモ社から寄付の申し出があり、ウムチョムイーザ学園において生徒用のグラウンドの新規整備が8月下旬から始まっている。創設記念式典を兼ねてUNDO-KAI(運動会)を10/9開催予定。日本式のUNDO-KAI(運動会)は当地では初。その模様を取材。

3.派遣中の青年海外協力隊員
 ルワンダ国はJICA二本松訓練所からの青年海外協力隊派遣国であり、福島で訓練を受けた青年海外協力隊員の現場の模様を取材。


※渡航後、本ページに現地での取材の模様を追記致します。