「行ってきます」と「お帰りなさい」

訓練を終えた福島県出身の2018年度3次隊の3名が市町村と県庁に出発前の表敬訪問を行いました。また県庁では今年の9月と10月に帰国した2016年度2次隊の帰国報告を行いました。

2018年12月18日

福島県出身の2018年度3次隊3名が「うつくしま国際協力大使」に任命

内堀知事(前列中央)と一緒に

内堀知事より出発する2018年度3次隊へ言葉をいただきました

帰国した鈴木さん(写真手前)

内堀知事と阿部さん

内堀雅雄知事からJICA海外協力隊として2年間、開発途上国で活躍する福島県出身者3名に「うつくしま国際協力大使」の委嘱状が交付されました。

今隊次、福島県庁を表敬訪問したのは松山里美さん(相馬市出身/スリランカ/日本語教育)、海野陽平さん(いわき市出身/タンザニア/体育)、小林由布佳さん(会津若松市出身/ブラジル/文化)の3名です。
福島県では平成7年からJICA海外協力隊として派遣される隊員に「うつくしま国際協力大使」を委嘱され、福島県と派遣国の人々との友好の懸け橋として活躍することが期待されています。

委嘱された3名は内堀知事から「東日本大震災後に世界の多くの国からいただいた支援に対する感謝の気持ちと、福島の正確な情報を発信してほしい」と激励の言葉をいただきました。

また2016年度2次隊の帰国報告も行われました。帰国報告をしたのは鈴木玲南さん(田村市出身/モロッコ/理科教育)、阿部翔太さん(いわき市出身/ニカラグア/野球)の2名です。自身の活動の様子やこれから出発する隊員3名へ活動のアドバイスを伝えました。

出身の市町村へ出発挨拶

相馬市の佐藤副市長と松山さん

会津若松市の室井市長と小林さん

いわき市の小林市長と海野さん

2018年度3次隊が以下の日程で出身市町村に出発の挨拶を行いました。

12月14日(金)相馬市
【青年海外協力隊】
松山里美さん(相馬市出身/スリランカ/日本語教育)

12月17日(月)会津若松市
【日系社会青年海外協力隊】
小林由布佳さん(会津若松市出身/ブラジル/文化)

12月19日(水)いわき市
【青年海外協力隊】
海野陽平さん(いわき市出身/タンザニア/体育)

出発の挨拶は派遣されてからの活動への意気込みはもちろん、隊員の地元ならではの話に花が咲きました。