おすすめ図書

JICA北海道(帯広)図書資料室より、国際協力・開発教育関連のおすすめ図書や教材をご紹介します。本ページに掲載の図書はJICA図書資料室に所蔵しておりますので、どなたでも自由にご利用いただけます。

国際協力・開発教育関連図書

『北海道でSDGs』

【画像】

著者:関口裕士 編:北海道新聞社

SDGs(持続的な開発目標)は、2015年に国連サミットで加盟国の全会一致で採択された国際目標です。
本書は、主に著者が「北海道新聞」で書いてきた関連記事のうち、SDGsの目標1から17までを順に解説した「SDGsがわかる」と、SDGsの実践の現場を訪ねる「SDGs持続可能な未来へ」を中心に約50本の関連記事をイラストや写真とともに再構成されています。
SDGsが目標達成の起源とする2030年に向けて、基本から道内外での実践例を基に、読者に様々なヒントを提供してくれる内容です。

『大人も知らない!? SDGsなぜなにクイズ図鑑』

【画像】

監修:笹谷 秀光(SDGsコンサルタント)

下記の質問に、あなたはすぐに答えられますか。
Q.日本で一年間に捨てられる食べ物の量はプール何個分でしょう。
1)約200個分 2)約2000個分 3)約2万個分

本書には世界を変えるみんなの目標SDGs(持続可能な開発目標)が楽しく学べる45のクイズと解説が収められています。
未来のために今できることを見つけて小さな行動を起こすことから始めてみませんか。

Qの答え:3)約2万個分

『わたしのくらし 世界のくらし 地球にくらす7人の子どもたちのある1日』

【画像】

作・絵:マット・ラマス
訳 おおつか のりこ

イタリア、ウガンダ、ロシア、イラン、インド、ペルー、日本。7つの国に住んでいる子どもたちはそれぞれ起きてから、寝るまでをどのようにして過ごしているのでしょうか。
本書の親しみやすいイラストで描かれた学校の様子、放課後の活動や家族との過ごし方からは、「私たちはお互いに全く違う」ということがわかり、同時に「こんなにも同じなのだ」と驚かされます。
各国の生活の窓から、様々な文化や伝統をのぞいてみませんか。

『絵はがきにされた少年』

【画像】

著者:藤原 章生

内戦中のスーダンで撮影した「ハゲワシと少女」でピュリッツァー賞を受賞、その直後に自殺したカメラマンの足跡を辿る取材。ルワンダ大虐殺を生き延びた老人との交流…。著者は新聞社の特派員としてアフリカの取材をつづける中で、様々な先入観を崩されていきます。
本書は、ジャーナリストの目と心がとらえた、かつ然と生きるアフリカの人々のノンフィクションストーリー11章が収録されています。各章で伝えられる真実と卓越した文章は読み手側にダイレクトに、そしてリアルに現場をイメージさせてくれます。
第三回 開高健ノンフィクション賞受賞作品。

『アフリカ人学長、京都修行中』

【画像】

著者:ウサビ・サコ(京都精華大学学長)

西アフリカのマリ共和国出身で、京都で30年近く、人やコミュニティの在り方から空間を考察する「空間人類学」を研究してきた著者。
京都人は面倒くさい、嫌い、などと全国的に悪口を言われてしまうのが多いのですが、なぜそうなのか?京都人の独特な人付き合い、都市空間や伝統を、マリ共和国の文化や著者の研究調査をもとにひも解いていきます。
様々な角度からみる京都、外国人が思う日本の素朴な疑問に注目してみませんか。

『’Ofa atu』

【画像】

著者:JICA海外協力隊 トンガ隊員 2017~2019
印刷・製本:エプソンミズベ株式会社

Ofa atuとは、トンガ語で「愛を込めて」という意味。
本書は、コロナ禍で一時帰国していたJICAの海外協力隊員が、日本にいてもトンガのためにできることをしようと、「私たち日本人から見たトンガの素晴らしさを伝えたい」という願いを込め、制作しました。実在する少年「シオネ君」をモデルとした1週間の生活を通じて、トンガの文化やトンガ人の暮らしをSDGs(持続可能な開発目標)に絡めて親しみやすいイラストと共に紹介しています。
本来は廃棄されるバナナの木を使ったバナナペーパーで製本されている点も興味深く、日本語と英語のバイリンガル仕様になっています。

『なかよしの水 -タンザニアのおはなし』

【画像】

作:ジョン・キラカ
訳:さくま ゆみこ

むかしむかし、日照りで水がなくなり、森の動物たちは喉がカラカラにかわいてしまいました。長いこと歩いて川を見つけましたが、水をもらうにはワニにいけにえを差し出さなくてはなりません。動物たちはどうしたらよいか話し合うのですが…。
タンザニアのストーリーテラーによる知恵いっぱいのお話で、独特な色使いが目を引くティンガティンガ派(ポップアートの流派の一つ)の絵も見どころの絵本です。

国際協力・開発教育関連教材

教材『ワークショップ版 世界がもし100人の村だったら 第6版』

【画像】

発行:開発教育協会(DEAR)

世界の人口約77億人もの人を100人に縮めてみたらどうなるのか、多様性と、貧富の差について、実際に身体を使いながら体験的に学ぶワークショップ教材です。
2003年の初版発行以来、発行部数は一万冊を超え、全国の小中学校、大学などで活用されています。
冊子には、各ワークショップの進め方、その後の展開の方法、ふりかえりなどが充実しており、忙しい先生方が本書の中身を選んでいくだけで無理なく授業を組み立てられるよう作られています。
持続可能な未来の地球社会を築いていくためにどのような授業を行えるか、ヒントも充実しています。
最新版である第6版(2021年10月発行)は、プラごみ、ふりかえり、実践事例を追加し、役割カードもリニューアルされ、さらに「100人村」メッセージなどが収められています。

『たった一つを変えるだけ クラスも教師も自立する「質問づくり」』

【画像】

著者:ダン・ロススタイン、ルース・サンタナ

本書は、「なぜ、質問をすることが大切なのか?」という問いに対して、義務教育、大学、ビジネス界で活躍する3人の著名人が答えています。
1)すべての生徒は、自分で質問がつくれるようになる方法を学ぶべきであること、
2)すべての教師は、生徒の質問づくりを授業の一環として教えられるようにすること
をテーマに、質問づくりのノウハウがタスクとシーン別に解説されています。
主に教育現場にかかわる方へ、授業づくりのインスピレーションにつながる書籍です。

教材『新・貿易ゲーム 経済のグローバル化を考える』

【画像】

制作・発行:開発教育協会・かながわ国際交流財団
(注)対象:小学校高学年~大人
人数:12人~40人

「貿易ゲーム」は、1970年代に英国のNGO、クリスチャン・エイド(Christian Aid)によって開発されたシミュレーションゲームです。このゲームは、世界の貿易を疑似体験することを通じて、
1)貿易を中心とした世界経済の基本的な仕組みについて理解すること。
2)自由貿易や経済のグローバル化が引き起こすさまざまな問題に気づくこと。
3)南北格差や環境問題の解決に向けて、国際協力のあり方や、私たち一人ひとりの行動について考えること。
を狙いとしています。本書は、身近なものを使うだけで実施でき、子どもから大人まで夢中になれる参加型の学習を行うための格好のテキストです。

その他 図書資料室からのおすすめ図書

『世界の国旗弁当』

【画像】

著者:青木ゆり子

本書は、220の国と地域の料理で、各国の国旗を全部調理して紹介し、レシピを公開し、さらに解説するという、胃袋から国際理解の第一歩が踏み出せるボリューム満点の内容です。
気になるポイントの一つは、国旗の色はどんな食材を使って表現されているのか。
特にオセアニアや東欧の国旗は青が断然多いですが、青い食材は実際ほとんど存在しません。著者は一体どのように工夫しているのでしょう。

『海洋を冒険する切り絵・しかけ絵本』

【画像】

絵:エレーヌ・ドゥルヴェール

フランス発の「切り絵・しかけ図鑑」シリーズの一つで、レースのように繊細で美しい切り絵と、散りばめられた様々な仕掛けに思わず夢中になってしまいます。
文章は、生物学者の専門家が担当しており、世界各地域で確認されている海の不思議と謎について、一つ一つの仕掛けが理解を深める一助となり、楽しんで読み進められる内容です。

『せかいでいちばんつよい国』

【画像】

作:デビッド・マッキー/訳:なかがわ ちひろ

世界中の人々を幸せにするために、いろんな国へ戦争をしに行き、世界中を征服した、ある大きな国の大統領。
「自分が世界中を征服すれば、皆が自分たちと同じように幸せに暮らせるに違いない」という、なんとも歪んだ論理を明るいユーモアで皮肉たっぷりに描いた寓話絵本。
可愛らしい絵で描かれていても、戦争がどれだけ醜いことかが伝わってきます。

『小さな幸せがみつかる 世界のおまじない』

【画像】

絵:亀井 英里

世界の風習、民俗学、神話、宗教行事などから、今も暮らしに取り入れられている幸運をもたらす世界の50のおまじないが美しいイラストとともに紹介されています。
例えば、フィンランドでは夏至の夜、枕の下に7種類の花を置いて眠ると夢の中で将来のパートナーに会えるという古い言い伝えがあるそうです。
おまじないに添えられた愛らしいイラストに心が温かくなり、本を眺めているだけでもちょっとした幸せ気分を味わえる一冊です!

『RED あかくてあおいクレヨンのはなし』

【画像】

著者:マイケル・ホール /訳:上田 勢子

あなたの色は何色ですか。
この絵本は、見た目と中身の違いの葛藤をクレヨンの色とラベルで表現するというアイデアが新鮮で、子どもはもとより、大人にも読んでもらいたい内容です。
「多様性」について問われる現代において、その意味や解釈法をひも解く本が数多く見られますが、本書はその問いにシンプル且つ、ダイレクトにこたえてくれます。

『豆くう人々 -世界の豆探訪記-』

【画像】

著者:べにや長谷川商店 長谷川 清美

本書には、北海道遠軽町にある豆専門店「べにや長谷川商店」の長女として生まれた著者 長谷川 清美氏が2012~2019年までの間に、在来豆を「つくり」「育て」「食べている」人たちを探して世界66か国を取材した記録から、約30の国・地域のエピソードを厳選してまとめられています。
さらには、著者が現地を訪れ食べつくした世界の豆料理の簡単なつくりかた70点も収録されており、ストーリーと共に胃袋まで味わえる内容です!

『旅するスープ -世界の味をおうちで楽しむ-』

【画像】

著者:荻野 恭子

「あたたかいスープがある暮らしって、うれしいですよ!」
そう話すのは、著者で料理研究家の荻野恭子氏。
「世界のスープ」と聞くと、特別なだしやブイヨンを取らなくてはならないから面倒そう。。。そう感じてしまわないよう、本書は、冷蔵庫に少しずつ残っている野菜、お肉や魚、塩とスパイスでおいしいスープが気軽にできるよう紹介されています。
さまざまな国の食文化を覗きながら、身近な食材で作れる世界のスープをおうちで楽しく味わってみませんか。

『世界の美しい民藝』

【画像】

著者:巧藝舎

本書には、アジア、アフリカ、中南米、巧藝舎の民藝コレクション320点が収録されており、様々な国の暮らしと祈りの手仕事を学ぶことができます。
その地域で暮らす家族が健康に暮らすこと、先祖を大事にすること、太陽や大地、収穫に感謝すること、たくさんの想いが各々の表現で独創的な形になっています。
丁寧に人の手で作られた織物や木工、陶器などはどれも美しく、解説とともにじっくり眺めていくと、改めて、各地域の異文化や多様な考えなどに触れることができるでしょう。