東北タイ農業開発研究計画フェーズ2

(The Aftercare Technical Cooperation for The Agricultural Development Research Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
1988年12月〜1993年12月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

タイ東北地域の1980年代初頭の農業生産は、不安定な天候、やせた土壌や灌漑施設の不足などの環境条件により、他の地域と比較して低い状況でした。そのため、同地域の農業開発に貢献する研究活動の強化を目的として「東北タイ農業開発研究計画(フェーズ1)」を実施、この協力(フェーズ2)では、国際農業開発研修センター(ITCAD)を通じ、営農体系の開発に関する研究や小資材型農業のための素材技術の開発に関する研究などにおける人材育成を支援しました。これにより、同地域において環境に適合した持続的農業が確立されることに寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子