内陸部救急医療センター機材整備計画

(The Project for Improvement of Equipment for Emergency Centers in Interior Regions)

【写真】プロジェクトの様子

国名
中華人民共和国 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2003年4月
事業
無償資金協力
供与額
9.95億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

中国においては、心疾患・脳血管障害等の患者、自動車普及に伴う交通事故や工場・建設現場での労災事故が増加しており、緊急処置を要する救急患者への迅速な対応が課題となっています。救急医療においては、現場と搬送中の初期治療が重要です。しかし、内陸部を中心として、救急治療に不可欠な車両・機材の整備が進まず、緊急連絡があっても救急車が対応できない事態が多発していました。日本は、9省10都市における救急医療センターの救急車と救急医療機材の整備を支援しました。この協力により、対象都市の救急医療サービスの向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報