マラリア対策計画

(The Project for Malaria Control)

【写真】プロジェクトの様子

国名
マラウイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2003年12月
事業
無償資金協力
供与額
2.77億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

マラウイでは、マラリアが主要疾患の第1位で、病院の外来患者の33パーセント、入院している5歳未満児の40パーセントがマラリア患者であり、その30パーセントが死に至っています(1999)。そのため、マラウイでは2001年に「マラリア撃退戦略5ヵ年計画」を策定し、マラリア対策に取り組みました。日本は、本無償資金協力により、マラリア感染リスクの高い5歳未満児と妊産婦を主なターゲットとし、蚊帳の配布を支援しました。その結果、多くの住民が蚊帳を使用することになり、マラリア感染予防を通じて、マラリア罹患率、死亡率の低下に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報