バンティミエンチャイ州モンゴルボレイ病院整備計画

The Project for the Improvement of Mongkul Borey Hospital in Banteay Meanchey Province

国名
カンボジア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
保健医療
交換公文(E/N)署名
2005年8月
供与額
6.83億円

プロジェクト紹介

カンボジアのバンティミエンチャイ州にあるモンゴルボレイ病院は1964年に日本の協力で設立された、同州で唯一外科手術が可能な中核病院です。しかし老朽化や医療機材の耐用年数超過などのため、適切な質・量の医療の提供が困難になっていました。この協力では、特に重要な外科診療部門の施設の建て替えと病棟の増築、医療機材の整備を支援しました。建て替え実施後、同病院のキャパシティは大きく向上し、入院患者数は年間1,903人(2004年)から16,152人(2010年)に上るなど、地域住民の医療サービスの向上に寄与しました。

協力地域地図

バンティミエンチャイ州モンゴルボレイ病院整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前の産婦人科病棟外観。床下の基礎部の老朽化が進んでいる。 

  • 協力実施前の分娩室。機材の老朽化が著しい。 

  • 協力実施前の手術室の機材。老朽化が著しい。 

  • 協力実施前の外科病棟外観と渡り廊下。渡廊下の床が傾いている。 

  • 本協力で建設された産婦人科棟。 

  • 本協力で供与された酸素吸入器。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。