自動車技術高等研修所計画プロジェクト フェーズ1

(Saudi-Japanese Automobile High Institute Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
サウジアラビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2001年9月〜2006年8月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

サウジアラビアでは、若年層の高い失業率が大きな社会問題となっており、政府は若年層の雇用拡大を促進する「サウダイゼーション」を推進していました。労働者育成のための職業訓練に力を入れ、自動車整備士を輩出することを目的とした「自動車技術高等研修所計画プロジェクト」を実施しました。この協力では、日本から派遣された長期専門家の技術指導の下、自動車整備士育成のための2年間のカリキュラムによる教育が実施されました。これにより、2006年まで毎年約200名の卒業生を自動車業界に輩出し、自動車整備産業における若年層の雇用拡大の促進に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報