主要国際港湾保安施設及び機材整備計画

(The Project for the Improvement of Security Facilities and Equipment in Main International Ports)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
2006年8月
事業
無償資金協力
供与額
9.27億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

カンボジアで全ての国際海上輸送を担うシハヌークビル港およびプノンペン港は、施設および機材の不足から保安体制が十分ではなく、同港湾を利用する船舶の安全が確保されないばかりか、国際条約により定められた要件も満たさないことから、国際的信頼の失墜により同国の経済活動に支障を与えるおそれがありました。この協力では、2つの主要国際港に、保安対策強化のために必要な保安管理棟などの施設および船舶航行監視システム、X線コンテナ検査装置などの機材の整備を支援しました。これにより、2港湾の保安体制が強化されるとともに、同国港湾の国際的信頼の維持や円滑な海上輸送の確保に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報