ゴレスタン州住民参加型農業開発促進プロジェクト

(Establishment of participatory water management system in Golestan province)

【写真】プロジェクトの様子

国名
イラン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年1月〜2014年1月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、貧困削減

プロジェクトの紹介

イランでは、比較的降雨が少なく、かつ伝統的な灌漑施設であるカナートを利用できない地方を中心に新規灌漑開発を進めていました。中でもゴレスタン州は、灌漑開発の盛んな州の一つで、日本は2002年に同地域の灌漑排水計画の策定を支援しました。同開発計画を受けて、同国政府は独力で灌漑施設整備に取り組んできましたが、農民への指導や農民組織の強化などが不十分で効果的な水管理や灌漑施設維持管理がなされていません。この協力では、タザ・アバッド灌漑地区をモデルとして参加型水管理を普及させるための体制整備を支援しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報