協力現場の写真

持続的農業技術研究開発計画(第2期-環境に優しい農業技術開発及び普及)

【写真】プロジェクトの様子

国名
中華人民共和国 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年4月〜2014年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発、自然環境保全

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

  1. 1 写真1
  2. 2 写真2
  3. 3 写真3
  4. 4 写真4
  5. 5 写真5
  6. 6 写真6
  7. 7 写真7
  8. 8 写真8
  9. 9 写真9
  10. 10 写真10

キャプション

  1. 日中農業技術研究開発センター(日中センター)は、中国農業科学院農業環境および持続発展研究所内に設置されている。写真はセンター内の分析センターで、日本の無償資金協力で設置された機材が利用されている。
  2. 第2回合同調整委員会署名式
  3. プロジェクトで投入した側条施肥機による作付け状況。側条施肥技術は研究圃場での試験栽培を通じて、収穫量を低下させることなく施肥量を慣行の40パーセント削減できることを確認した。今後実証試験の段階に移る予定(寧夏回族自治区および湖南省)。
  4. 「草の根」無償資金協力を活用し、湖南省長沙県開慧鎮10農家において、微生物資材と敷料を用いたゼロエミッション型に改修された豚舎。更にプロジェクトによる敷料の堆肥化と循環利用について技術支援を行い、環境汚染の改善と農民の生活向上を進めています(湖南省)。
  5. 肥料による地下水汚染をモニタリングするため、土壌水を採取し、測定するカウンターパート(寧夏回族自治区)。
  6. 水質モニタリングの技術指導を実施する中曽根短期専門家。
  7. 琵琶湖水質保全について講演を行う臼居短期専門家。
  8. 孫宝利カウンターパートの訪日研修状況(日本食品分析センター多摩研究所にて)
  9. 局所施肥技術に関する展示圃場を活用し、農家を対象としたセミナーを実施。局所施肥機のデモンストレーションを行う山東省モデル地区のカウンターパート。
  10. 環境保全型稲作技術の指導をする上原長期専門家。