ニャンザ州保健マネジメント強化プロジェクト

Strengthening Management for Health in Nyanza Province

終了案件

国名
ケニア
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2009年7月〜2013年6月

プロジェクト紹介

主要な保健指標は、世界最低水準の東アフリカ地域。特にケニア西部はマラリア、結核、麻疹などの感染症が蔓延し、中でもニャンザ州は全国最悪の乳幼児死亡率となっていました。この協力では、ニャンザ州と県レベルの保健行政官個人および保健行政組織の支援的リーダーシップ・戦略的マネージメント能力の強化を通したキャパシティ・ディベロップメントを展開し、同国における保健システム強化のモデルづくりを支援しました。これにより、同州のプライマリー・ヘルス・ケア・サービスの質の向上に寄与しました。

協力地域地図

ニャンザ州保健マネジメント強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 保健プロモーション研修(写真提供:杉下智彦) 

  • 保健プロモーション研修(写真提供:村上千恵) 

  • コミュニティ保健調査(写真提供:杉下智彦) 

  • 地域保健ワーカーとのダイアローグ(対話)集会(写真提供:杉下智彦) 

  • 保健戦略マネージメント研修(写真提供:杉下智彦) 

  • 保健政策マネージメント研修(写真提供:戸田幹洋) 

  • 保健行政官の指導通りに薬品などラベル毎に整理されるようになった保管庫。2011年度国際協力レポーター視察時撮影。(写真提供:佐藤浩治) 

  • 保健行政官の指導通りに薬品などラベル毎に整理されるようになった保管庫。2011年度国際協力レポーター視察時撮影。(写真提供:佐藤浩治) 

  • 診療所内に貼り出されているプロジェクトで作成したポスター。2011年度国際協力レポーター視察時撮影。(写真提供:佐藤浩治) 

  • ワクチン接種など順番を待つ母子。2011年度国際協力レポーター視察時撮影。(写真提供:佐藤浩治) 

関連情報