協力現場の写真

無収水管理プロジェクト

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年9月〜2014年10月
事業
技術協力
課題
水資源・防災、貧困削減

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

  1. 1 写真1
  2. 2 写真2
  3. 3 写真3
  4. 4 写真4
  5. 5 写真5
  6. 6 写真6
  7. 7 写真7
  8. 8 写真8
  9. 9 写真9
  10. 10 写真10

キャプション

  1. 第1回Embu 水サービス事業体(WSP)社内無収水管理研修(2011年4月8日開催)。
  2. 第1回ワークショップ開催の様子(2011年2月17日)。水灌漑省(MWI)主催、JICAおよびドイツ技術協力公社(GTZ)後援のもと、全国の水サービス事業体(WSBおよびWSP)から約170名が参加した。
  3. 訓練された水道メータの読み取り人の様子(Meru)。JICAによる過去の技術移転が現在に活かされ、コマーシャルロスの削減につながっている。
  4. JICA専門家による基礎的技術移転(Embu)。
  5. Embuパイロットエリア(Bule Valley)。標高差から156メートルの水頭を有し、水圧管理が重要となる。
  6. Embuパイロットエリア(Bule Valley)での技術移転の様子。水道メータ交換作業。
  7. Embuパイロットエリア(Bule Valley)での技術移転の様子。超音波流量測定のセッティング。
  8. Embuパイロットエリア(Bule Valley)での技術移転の様子。音聴棒による漏水探知OJT。
  9. Embuパイロットエリア(Bule Valley)での技術移転の様子。データロガによる水圧測定。
  10. Embuパイロットエリア(Bule Valley)での技術移転の様子。減圧弁(PRV)の設置。