ザンビア投資促進プロジェクト−トライアングル・オブ・ホープ−

(Zambia Investment Promotion Project-Triangle of Hope(ZIPP-ToH))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ザンビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2009年8月〜2012年8月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

独立以来、産業構造が銅資源に偏重し、産業の多角化が長年の課題となっているザンビア。日本は、「南南協力を通じた投資促進環境整備プロジェクト」(2006〜2009年)を実施し、マレーシアコンサルタントの助言に基づく12政策のアクションアジェンダ実施のモニタリング、助言、投資家に必要な情報整備、投資促進活動などを支援しました。この協力では、ザンビア開発庁を中心とする投資促進の実施体制を強化し、投資家に好ましい環境整備を支援しました。これにより、国内外からの外国直接投資の促進に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報