マサシ - マンガッカ間道路整備計画(3/3期)

The Project for the Improvement of Masasi-Mangaka Road(Phase 3)

終了案件

国名
タンザニア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2009年12月
供与額
15.14億円

プロジェクト紹介

タンザニアの南部に位置するムトワラ港から内陸部に伸びるムトワラ回廊は主要幹線道路として位置づけられており、沿線は農業・鉱業・観光開発の可能性が高いといわれています。しかし、マサシより内陸側は道路の舗装化が進んでいなかったため、開発が遅れていました。日本は、ムトワラ回廊のマサシ〜マンガッカ間道路55.1キロメートル区間の道路整備と橋の建設を3期にわたり支援し、安全で円滑な交通流の確保に寄与しました。3期目となるこの協力では、終点にかけての22.5キロメートルの整備を支援しました。

協力地域地図

マサシ - マンガッカ間道路整備計画(3/3期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前の対象道路 

  • 協力実施前の対象道路 

  • 協力実施前の対象道路 

  • 協力実施前の対象道路 

  • 協力実施前の橋梁 

  • 完工後の対象道路(写真1の協力実施後) 

  • 完工後の対象道路(写真2の協力実施後) 

  • 完工後の対象道路(写真3の協力実施後) 

  • 完工後の対象道路(写真4の協力実施後) 

  • 完工後の橋梁(写真5の協力実施後) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。