太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画

The Project for Introduction of Clean Energy by Solar Electricity Generation System

実施中案件

国名
イエメン
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
資源・エネルギー
贈与契約(G/A)締結
2009年12月
供与額
6.2億円

プロジェクト紹介

現在、イエメンの発電は100パーセント化石燃料により賄われていますが、同国内の油田の枯渇が予想されています。また、特に地方電化において太陽光発電を始めとしたクリーンエネルギーへの期待が高まっており、政府もこれに向けた政策転換を図っています。太陽光発電を含む再生可能エネルギーは、温室効果ガス排出量を抑制しながら、電力の安定供給を実現する技術として、その導入が強く望まれています。日本は、アデン市アルワヒダ病院において、太陽光発電関連機材を調達するとともに技術者育成の支援を行います。この協力により、発電能力の向上、エネルギー源の多様化、再生可能エネルギー利用に関する国民の意識啓発を図ります。

協力地域地図

太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • サイト地であるアルワヒダ病院の外観(病院本館正面)。アルワヒダ病院はアデン州最大規模の総合病院である。 

  • アルワヒダ病院A棟西側 

  • 外来診療室 

  • PVモジュール設置箇所1。PVモジュールは主病棟の南に広がる敷地に設置を予定している。 

  • PVモジュール設置箇所2 

  • 発電量を表示する表示装置の設置箇所1。PVモジュール設置箇所と人通りの多い正門付近の2か所に設置する。 

  • 発電量を表示する表示装置の設置箇所2 

  • 電気室外観 

  • 低圧盤 

  • ミニッツ調印式 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。