協力現場の写真

トンレサップ西部地域農業生産性向上プロジェクト

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2010年10月〜2015年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

  1. 1 写真1
  2. 2 写真2
  3. 3 写真3
  4. 4 写真4
  5. 5 写真5
  6. 6 写真6
  7. 7 写真7
  8. 8 写真8
  9. 9 写真9
  10. 10 写真10

キャプション

  1. プロジェクトチームのメンバー。長期専門家(4名)の支援のもと、対象地域(バッタンバン州・コンポンチュナン州・プルサット州)の州農業局職員(9名)と農業普及員(26名)がインディカ米を中心とした農業技術の普及活動に取り組んでいる。
  2. プロジェクトの研修を通じてインディカ米の生育調査の方法を学ぶ農業普及員。プロジェクトでは、農家への技術指導・普及を担う農業普及員自身の技術力の向上も必要とされている。
  3. 農民圃場学校(ファーマーズ・フィールド・スクール、以下FFS)。農家の稲作生産技術の改善のため、プロジェクトは対象地域の各地に88ヵ所(2013年)のデモンストレーション圃場(デモ農家)を設け、栽培期間中計5セッションから構成されるFFSによる研修を農家向けに実施している。FFSでは、プロジェクト専門家の支援のもと、プロジェクトチームメンバーである農業普及員及び州農業局職員が講師役を務めている。
  4. FFSにて、参加農家は実習を通じて移植栽培(条植え)の方法を学ぶ。
  5. 農家では播種前の種籾の塩水選(プロジェクトでは窒素溶液を使用)や温湯消毒方法などの種子処理技術を初めて学ぶ。
  6. プロジェクトでは移植(条植え)方式のみならず、地域の降雨条件や農家の労働力等を勘案し牽引型の播種機による直播栽培技術の指導も行っている。
  7. プロジェクトの側面支援を受けながら収穫物の販売を行うデモ農家。
  8. 種子生産農家グループの種子保管倉庫。プロジェクトが資材・工事費を負担し、農家が労働作業を負担するコストシェアリングによって建設された。
  9. プロジェクトの指導のもと、収穫、乾燥、選別処理した種子籾の最終チェックを行う種子生産農家グループ。
  10. 第一回合同調整委員会(2012年1月)の模様。議長を務めるH.E.サンバンティ政務次官補(中央)と鈴木JICAカンボジア事務所所長(右)。