貝類養殖技術向上・普及プロジェクト

(Production Improvement and Extension of Shellfish Aquaculture Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
エルサルバドル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2012年6月〜2015年6月
事業
技術協力
課題
水産

プロジェクトの紹介

エルサルバドルでは、漁業・養殖業が社会経済的に重要な役割を果たしてきました。なかでも貝採集は沿岸漁民にとって必要な収入源となっていますが、近年の採集過多で小型の貝を採らざるを得ず、漁場も遠隔地へ移行しています。日本は、2005年の先行プロジェクトにおいて、クリル(アカガイ類)とマガキの人工種苗の生産・養殖技術の確立を支援しました。今回の協力では、この技術のさらなる普及と零細漁民の収入源のひとつであるカスコ・デ・ブロ(アカガイ類)の種苗生産技術の開発などを支援し、貝類養殖の普及を目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報