キンシャサ保健人材センター整備計画

終了案件

国名
コンゴ民主共和国
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
保健医療
贈与契約(G/A)締結
2011年8月
供与額
17.67億円

プロジェクト紹介

コンゴ民主共和国は1991年から15年間続いた内戦の影響で医療施設・機材が劣悪な状況にあり、保健に関わる人材も著しく不足しています。このため同国における妊産婦死亡率と5歳未満の死亡率は、世界でも最も高い状況にあります。この協力では、同国の保健人材育成の中核となるキンシャサ保健人材センターの施設建設、および保健人材育成に必要な機材の整備を支援しました。これにより、質の高い保健人材の増加を図り、同国国民の保健・医療環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

キンシャサ保健人材センター整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 協力実施前の旧保健人材センター・キンシャサ校校舎。1990年代に略奪により崩壊した。 

  • 協力実施前の講義風景。保健人材センターの施設が使用できなくなったため、州総合病院内の空き部屋を間借りしている。 

  • この協力による保健人材センター建設中の様子(写真提供:久野 真一) 

  • この協力による保健人材センター建設中の様子(写真提供:久野 真一) 

  • この協力で建設された保健人材センター(学校施設棟) 

  • この協力で建設された保健人材センター(学校施設棟中庭) 

  • この協力で建設された保健人材センター(学生宿舎棟) 

  • この協力で建設された保健人材センター(情報処理実習室) 

  • この協力で建設された保健人材センター(看護・助産実習室) 

  • この協力で供与されたバス 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。