地方レベルの統合中小企業支援普及プロジェクト

(Project for Enhancing Regional Integrated SME Promotion(RISMEP) Mechanism)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2013年5月〜2016年5月
事業
技術協力
課題
民間セクター開発

プロジェクトの紹介

タイ政府は、中小企業の振興施策を実施してきました。しかしながら、企業の競争力を強化させるためのコンサルティングサービス(Business Development Service:BDS)や、それを企業に提供する機関(BDSプロバイダー)などの認知度は低く、地方の中小企業はそれらが提供するサービスへのアクセス機会が限られていました。そこで、パイロット事業「地方中小企業振興制度の確立計画調査」において、地方部におけるこれらの能力向上と相談窓口のネットワーク化を図ったところ、BDSを提供されたモデル企業では経営改善が見られたほか、対象地域内のBDSプロバイダーの約8割がネットワークに組込まれるといった成果がありました。この協力では、中小企業とその支援ネットワークとをマッチングさせる仕組みを地方レベルの統合中小企業支援(Regional Integrated SME Promotion:RISMEP)メカニズムとして他県に展開するとともに、BDSプロバイダーなどの更なる質の向上および総合相談窓口の活用促進を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報