国道一号線橋梁改修計画

終了案件

国名
ギニア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2013年6月
供与額
16.06億円

プロジェクト紹介

ギニアは独立後、十分な道路整備が行われなかったため、都市への人口集中を背景に、都市部や郊外における交通渋滞の問題を抱えています。特に国道一号線は首都コナクリから内陸部の主要都市や近隣国へ繋がる唯一の幹線道路ですが、沿道上にあるカアカ橋は建設後60年以上が経過し、老朽化が進んでいるうえ、幅員不足から交通のボトルネックとなっていました。この協力では、カアカ橋の架け替えと取り付け道路の建設を支援しました。これにより、安全で円滑な交通を確保し、国内における物流の強化・安定化や国際物流機能の向上、ひいては同国の経済発展に寄与しました。

協力地域地図

国道一号線橋梁改修計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)カアカ橋:橋梁全景。橋梁はコンクリートアーチ曲線橋 

  • (協力実施前)カアカ橋:コナクリ側アプローチ道路の舗装の破損 

  • (協力実施前)カアカ橋:河川下流の状況。河川合流地点 

  • (協力実施前)カアカ橋:橋梁通過車両。道路線形が悪いため、減速して通過 

  • (協力実施前)カアカ橋:幅員不足により交互通行が不可能 

  • (協力実施後)カアカ橋:対面の山からの橋の全景 

  • (協力実施後)カアカ橋:路面 

  • (協力実施後)カアカ橋:裏山からの橋 

  • (協力実施後)カアカ橋:夜間のソーラー照明の稼働状況 

  • (協力実施後)カアカ橋:取り付けた銘盤 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。