国立保健医療・社会開発学校母子保健実習センター建設計画

実施中案件

国名
セネガル
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
保健医療
贈与契約(G/A)締結
2014年8月
供与額
8.86億円

プロジェクト紹介

セネガル国立保健医療・社会開発学校では、助産師コース・看護師コースにおいて約180名の保健人材育成を行っていますが、臨床実習施設などが整備されておらず、臨床実習の機会や履修内容が不十分な状態となっています。この協力では、同校内に母子保健実習センター棟を建設するとともに超音波診断装置などの医療機材の整備を支援します。これにより、妊産婦および胎児の疾患が早期に発見できるようになり、緊急対応などへの適切な処置ができるようになります。また、検診から出産後までの継続ケアを受けることのできる妊産婦の増加も期待されます。

協力地域地図

国立保健医療・社会開発学校母子保健実習センター建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国立保健医療・社会開発学校(ENDSS)正面(協力実施前撮影、以下2~6まで同様) 

  • 建設予定地:敷地西側 

  • 既存施設:外廊下 

  • 既存施設:歯科部門の様子(多目的実習棟) 

  • 既存施設:多目的実習棟 

  • 既存施設:多目的実習棟 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。