協力現場の写真

ザラニヤマ森林保護区の持続的な保全管理プロジェクト

【写真】プロジェクトの様子

国名
マラウイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年7月〜2021年7月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

  1. 1 写真1
  2. 2 写真2
  3. 3 写真3
  4. 4 写真4
  5. 5 写真5
  6. 6 写真6
  7. 7 写真7
  8. 8 写真8
  9. 9 写真9
  10. 10 写真10

キャプション

  1. 森林保護区内でも違法な炭焼きが行われている(写真提供:COSMA-DFR)
  2. 森林保護区内の違法耕作(写真提供:COSMA-DFR)
  3. ザラニヤマ森林保護区は、地域の住民にとって生計を営むのに必要な森林資源を供給する重要な役割を担っており、地域住民は法令に定められた範囲内での林産物の採取が認められている(写真提供:COSMA-DFR)
  4. 住民の代表者に対するプロジェクトコンセプトの説明を行う日本人専門家(写真提供:COSMA-DFR)
  5. 住民の生計向上に資するための養蜂活動の導入(写真提供:COSMA-DFR)
  6. 森林保全をテーマとしたプロジェクトロゴの公募、制定を行った(写真提供:COSMA-DFR)
  7. 地域住民による自主的な森林監視体制(パトロール体制)を整備するための、パトロール区域や違法行為の発生状況の確認調査(写真提供:COSMA-DFR)
  8. 地域住民による自主的な森林監視体制(パトロール体制)を整備するため、各村が監視を担当する区域や、行動規範等についての共通認識を醸成するための説明会を開催した(写真提供:COSMA-DFR)
  9. 地域住民による自主的な森林監視体制(パトロール体制)を整備するため、各村が監視を担当する区域や、行動規範等についての共通認識を醸成するための説明会を開催した(写真提供:COSMA-DFR)
  10. ザラニヤマ森林保護区は違法な炭焼きや耕作・放牧等が原因で森林の荒廃が進み、このままの速度で森林が減少すると、森林保全区内の樹木は5年以内に枯渇してしまうとの見通しも立てられている(写真提供:COSMA-DFR)