電力開発計画能力向上プロジェクト

(Project for Capacity Development of Power Sector Development Planning)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年9月〜2018年2月
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ミャンマーでは近年の経済発展に伴って電力需要が急増し、送配電系統の設備整備も遅れており、電力の効率的・安定的な流通も困難な状況です。今後さらに増加が見込まれる電力需要や電化ニーズに適切に対応するためには、環境・社会面も配慮したベストミックス(各特性を活かした発電方式を組み合わせる形)の電源構成に基づく電力開発計画が必要です。日本は国家電力マスタープラン(NEMP)策定を支援してきましたが、この協力では、電力省が今後自らの手でNEMPの更新を行っていけるよう、組織体制の整備や職員の技術能力強化を支援します。これにより、電力省のNEMP策定・運用能力が向上し、電力セクター開発の促進に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子