ナカラ市医療従事者養成学校建設計画

(The Project for Construction of Health Science Institute in Nacala)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モザンビーク [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2015年10月
事業
無償資金協力
供与額
21.21億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

モザンビークでは、医師、看護師、助産師の数が世界保健機関(WHO)の推奨する水準を大きく下回っており、保健人材不足が喫緊の課題です。最も多くの人材確保が必要な中級保健人材(一般的な疾病予防対策・治療・リハビリを担当する看護師、助産師、医療技師など)は、医療従事者養成学校で養成されますが、北部地域には1校しかなく、施設の規模が十分でないことなどから、人材養成数は低迷しています。この協力では、ナンプラ州ナカラ市において、医療従事者養成学校を整備します。これにより、中級保健人材の養成促進を図り、同国における保健人材の質と量の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報