カーボデルガード州国道三百八十号橋梁整備計画

(The Project for Construction of Bridges on N380 in Cabo Delgado Province)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モザンビーク [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年4月
事業
無償資金協力
供与額
34.19億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

モザンビークの道路舗装率は全国で約2割程度(2014年)に過ぎず、道路セクターへの新規投資が重視されています。同国最北部と、ナカラ地域を南北に縦断する国道380号は、ムトゥワラ回廊とナカラ回廊を連結する役割を担うとともに、同国北部のインド洋ロヴマ沖の天然ガス開発を進めるうえで重要な道路です。しかし、この国道380号上の橋の多くは、仮設橋で大型車両の通行が困難であり、雨期には冠水し通行不能の期間が生じるなど、物流に支障があります。この協力では、カーボデルガード州国道380号上の3つの橋梁(メサロI橋、メサロIII橋、マプエデ橋)を改修します。これにより、同地域内の物流の円滑化を図り、周辺地域の経済活性化および地域住民の生活改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報