協力現場の写真

ミャンマーラジオテレビ局放送機材拡充計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年3月
事業
無償資金協力
供与額
22.63億円
課題
情報通信技術

写真をクリックすると、各写真の説明文が表示されます。前後の写真に移動するには、写真の上にマウスを移動させ、表示されるボタンをクリックするか、キーボードの右、左を押してください。元の画面に戻るには、「閉じる」をクリックするか、キーボードの「Esc」ボタンを押してください。

  1. 1 写真1
  2. 2 写真2
  3. 3 写真3
  4. 4 写真4
  5. 5 写真5
  6. 6 写真6
  7. 7 写真7
  8. 8 写真8
  9. 9 写真9
  10. 10 写真10

キャプション

  1. ヤンゴン支局テレビ棟外観。1982年に日本の無償資金協力により建設。屋根や内装に老朽化が目立つが、構造躯体に問題ない。
  2. ヤンゴン支局スタジオNo.1副調整室。据付後33年が経ち機材のほとんどが故障し、ヤンゴン支局の番組制作機能は著しく低下している。
  3. ヤンゴン支局スタジオNo.1調光盤。テレビ棟屋根(鋼板製)は老朽化が進み複数の穴が開いており、階下の調光盤の周辺には雨漏り跡が残っている。
  4. ヤンゴン支局タイトル文字制作室(既設)。アナログ方式のタイトル文字等を制作。機材は移設され本計画後にはコンピュータ・グラフィック室として活用。
  5. ヤンゴン支局ラジオ棟外観。1950年にソ連が建設し、事務室、オーディトリアム(スタジオA)、送信機室が整備されている。現在は一部の居室をMRTV4、MIに貸し出している。
  6. ヤンゴン支局オーディトリアム副調整室。1982年に我が国の無償資金供与により整備された機材は、老朽化によりすべて破損している。
  7. ヤンゴン支局オーディトリアム仮設機材。オーディトリアム副調整室機材の破損のため、2013年SEAゲーム中継用に整備した機材を仮設し、番組が制作されている。
  8. ヤンゴン支局メディア・ネットワークルーム。ヤンゴン支局で制作された番組をVTRで再生し、光回線と衛星回線を介してネピドー本局へ伝送している。
  9. ネピドー本局メディア・コンバージェンス室編集用端末。MRTVがテレビ番組およびラジオ番組用に独自に整備した約80台のノンリニア編集用端末。約半数のPC端末にインストールされたOSはメーカーサポート期間が終了している。
  10. ネピドー本局HD大型中継車。SEAゲームに合わせて2013年にMRTVが独自整備した大型のHD番組制作中継車。大型であるため、道路の整備されていない地方へのアクセスは難しい。