ウガンダ東部チョガ湖流域地方給水計画

The Project for Rural Water Supply in Lake Kyoga Basin, Eastern Uganda

終了案件

国名
ウガンダ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
水資源・防災
贈与契約(G/A)締結
2017年5月
供与額
17.06億円

プロジェクト紹介

ウガンダの地方部の給水率は、都市部と比較すると低く、さらに各県の給水率に差があります。特にチョガ湖流域5県の平均給水率は57パーセントで地方部全体の平均給水率65パーセントと比べても低い状況です(Sector Performance Report 2015)。このチョガ湖流域5県には、水需要が多いRural Growth Center(RGC)と呼ばれる公共施設および商用施設がある人口密集地域があり、特に給水率が低い地域です。このため地方部の給水率改善には、RGCの給水施設整備を通じた給水率向上が求められています。この協力では、チョガ湖流域5県のRGCにおいて、高架水槽,給水管路等の施設を整備します。これにより、同地域における給水率の向上を図り、同地域の生活環境整備に寄与します。

協力地域地図

ウガンダ東部チョガ湖流域地方給水計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • (協力実施前)Nambale RGCの中心地(奥にサブ郡事務所がある)。 

  • (協力実施前)高架水槽建設予定地。 

  • (協力実施前)水源の状況。土台が壊れかけていた。 

  • (協力実施前)保護されてない水源を使用する人も多かった。 

  • (協力実施後)Nambale 高架水槽建設地 

  • (協力実施後)Nambale 水源井戸 

  • (協力実施後)Nambale Kiosk建設地 

  • (協力実施後)Lambala 学校の敷地内の高架水槽建設地 

  • (協力実施後)Kyanvuma 学校の敷地内の高架水槽建設地 

  • (協力実施後)Lambala 太陽光発電施設建設地   

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。