国家上下水道公社西部州南部地域事業運営能力向上プロジェクト

(The Project for Enhancement of Operational Efficiency and Asset Management Capacity of Regional Support Center-Western South of NWSDB in Sri Lanka)

【写真】プロジェクトの様子

国名
スリランカ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年9月〜2021年8月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

スリランカでは、1975年に設立された国家上下水道公社(NWSDB)により、全国各地の給水サービスが整備されてきました。しかし、人口が集中しているコロンボ県の水道普及率が94.5パーセントである一方で、全国平均は48.1パーセントに留まっています。上水道施設の拡張を進めていくため、NWSDBはアセットマネジメント(資産管理)の導入により施設の管理能力を強化し、事業費の適正な配分により施設の整備、更新を効果的に推進したいと考えています。また、漏水対策を強化すると同時に水道管路施工の質を向上することで、アセットの高寿命化の促進も課題としています。この協力では、水道の管路に関するアセットマネジメントの導入、漏水対策能力や人材育成における研修実施能力の向上を通じて、NWSDBによる水道事業運営の効率化を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報