シャーガス病制圧のための統合的研究開発プロジェクト

The Project for Integrated Research and Development towards Chagas Disease Control

実施中案件

国名
エルサルバドル
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2018年7月〜2023年6月

プロジェクト紹介

シャーガス病は中南米特有の寄生虫疾患で、エルサルバドルでは、人口の3.4パーセント(約23万人)がシャーガス病に感染しているとされています。その病原因子や病態の多くは未だ解明されておらず、現存する治療薬は、慢性期の病態に効果が低い、副作用が強い、長期投薬が必要、胎盤感染に使用できない等の課題を抱えています。この協力では、首都サンサルバドル市において、シャーガス病の原虫側病原因子の解明と治療薬の臨床開発に向けた基盤の強化、天然物資源を利用した治療薬の開発に関する共同研究を行います。これにより、同国研究機関のシャーガス病にかかる開発能力の強化を図り、研究開発の進展に寄与します。

協力地域地図

シャーガス病制圧のための統合的研究開発プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 日本とエルサルバドルの若手研究者間で定期的に研修を行っている 

  • 研究室にて技術向上の研修を行っている様子 

  • 顕微鏡を使って培養した原虫の数を数えている様子 

  • 地域医療を担う保健所を訪問し、医師らと打合せしている様子 

  • シャーガス病の原虫を媒介するサシガメを取りに村の家々をまわる 

  • 保健省のスタッフと共にシャーガス病急性期患者を訪問し、サシガメを採集 

  • シャーガス病を引き起こす原虫を媒介する昆虫サシガメ 

  • シャーガス病に効く薬効成分を持つ植物を探す植物採集グループ 

  • 国立公園や山から薬効成分があると思われる野生の植物を採集 

  • 採集した植物から抽出液を作っている様子 

関連情報