緊急電力整備事業

EMERGENCY ELECTRIC POWER IMPROVEMENT PROJECT

終了案件

国名
ボスニア・ヘルツェゴビナ
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1998年12月
借款契約額
41.10億円

プロジェクト紹介

ボスニア・ヘルツェゴビナは1992年にユーゴスラヴィアから独立後、ボスニア紛争を経験し、紛争終結後の発電所の稼働能力は紛争前の1割にまで低下しました。紛争終了後、世界銀行は発電・送変電施設の応急的なリハビリを実施しました。さらに、電力部門の緊急復興の第2段階として、日本、米国、英国、EU等と協調してこれを実施しました。本円借款協力は、その一部として、カカニ火力発電所、および同発電所を含む4火力発電所に隣接する炭鉱のリハビリを支援し、紛争後の経済復興及び民生の安定・向上にとって不可欠な電力の供給増に寄与しました。

協力地域地図

緊急電力整備事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カカニ火力発電所 

  • カカニ火力発電所で修復された7号機ボイラー施設 

  • カカニ火力発電所で修復された5号機監視制御装置 

  • カカニ炭鉱で調達されたダンプ 

  • カカニ炭鉱と発電所を結ぶ鉄道施設 

  • ガツコ炭鉱で調達されたダンプ 

  • バノビチ炭鉱の修復されたブルドーザー 

  • ブレザ炭鉱で調達された主坑道ベルトコンベヤー 

  • 修理中のダンプ(ウグリェビック炭鉱) 

  • 修理中のドリル(カカニ炭鉱) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。