公衆衛生基礎施設整備事業(河北省)

PUBLICHEALTH PROJECT(HEBEI PROVINCE)

終了案件

国名
中華人民共和国
事業
有償資金協力
課題
保健医療
借款契約(L/A)調印
2004年3月
借款契約額
19.08億円

プロジェクト紹介

中国では、法定感染症の発病数は減少しているものの、エイズなどの新興感染症対策や、農村地域の公衆衛生対策などは依然として重要課題となっていました。2002年に猛威をふるった新型肺炎(SARS)の被害は同国にとって大きな脅威であり、感染症対策を含めた公衆衛生基盤の整備が求められていました。この協力では、河北省において疾病予防コントロールセンターなどの設備・機器の整備や、感染症対策関係者への研修プログラムの実施などを支援しました。これにより、同州における感染症対策の強化を図り、地域住民の健康の向上に寄与しました。

協力地域地図

公衆衛生基礎施設整備事業(河北省)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 衡水市第三人民医院に設置されたカラー超音波診断装置 

  • 衡水市第三人民医院に整備されたデジタルX線撮影装置 

  • 邯鄲市感染症病院に整備された全自動生化学分析装置 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。