ムアラカラン火力発電所ガス化事業

MUARA KARANG GAS POWER PLANT PROJECT

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2003年7月
借款契約額
557.50億円

プロジェクト紹介

この協力では、ジャカルタ特別区に位置するムアラカラン発電所内に、新たなガス複合火力発電設備の導入を支援しました。本事業が計画された当時、1997年の通貨危機以降発電所への新規投資が行われておらず、既設発電所の老朽化が進み、ジャカルタ首都圏における需給バランスが悪化していました。1979年に発電を開始した本発電所でも経年劣化が進んでおり、重油焚き発電設備をガス複合型へ転換することにより、出力増強を図り、ジャカルタ首都圏への安定した電力供給に寄与しました。

協力地域地図

ムアラカラン火力発電所ガス化事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 発電所全体 

  • 発電所全体 

  • ガスタービン 

  • 蒸気タービン 

  • HRSG(排熱回収ボイラ) 

  • 送電設備 

  • 送電設備 

  • 送電設備 

  • 送電設備 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。