メラピ山プロゴ川流域及びバワカラエン山緊急防災事業

(Urgent Disaster Reduction Project for Mount Merapi and Lower Progo River Area)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インドネシア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2005年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
164.36億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

インドネシアのメラピ火山は世界でも有数の活火山ですが、1992以降2〜3年に1回の噴火を繰り返しており、土石流が発生する可能性が高まっていました。加えて火山周辺では土砂の採掘が管理されないまま行われていたため、過積載車両の走行による道路の破壊や、騒音・粉塵による環境問題が生じていました。一方南スラウェシ州のジェネベラン川源流域のバワカラエン山では、2004年3月に大規模崩壊により発生した土砂災害が、下流地域住民に被害を与えました。この協力では、火山災害・土砂災害防止のための対策を行いました。これにより、人命および公的・私的財産の保護、ひいては持続的可能な防災体制を構築し、地域開発の促進・社会経済の維持に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報