ルムットバライ地熱発電事業

Lumut Balai Geothermal Power Plant Project

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
2011年3月
借款契約額
269.66億円

プロジェクト紹介

世界最大級の地熱発電ポテンシャルを持つと言われているインドネシア。政府は電力需要の伸びに対応すると共に、エネルギー多様化政策を進めており、2010~2014年の間に行う1万メガワットの新規電源開発計画のうち、約4割を地熱発電によって賄うという目標を定めています。この協力は、南スマトラ州ムアラエニム県にて、新たな地熱発電所を建設し、電力供給の安定性の改善を図り、インドネシア政府の計画達成に貢献するものです。また本事業は、気候変動枠組条約に基づくクリーン開発メカニズム事業登録を視野に入れた検討も行われる予定です。

協力地域地図

ルムットバライ地熱発電事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 機材搬入地点のパンジャン港 

  • 港から開発地点までの道路 

  • 開発地点道中に位置する村 

  • 掘削基地 

  • 掘削基地 

  • 開発地点 

  • 開発地点 

  • 接続予定のスイッチヤード基地(建設予定地から50キロメートル、150キロボルト) 

  • 取水施設(掘削に必要な水を取水) 

  • 周辺にある温泉地帯 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。