日系研修員受入事業

日系研修員受入事業は、日本国内のNGO、大学等の教育機関、公益法人団体及び地方自治体などがそれぞれの持つノウハウ・経験を活かし、中南米からの日系人研修員の受入れを実施したいという提案に対し、JICAと共同で実施する事業です。

中南米の日系人への技術協力を通じて国づくりに貢献し、また、日系研修員の受入れを通じ、地域が主体となる中南米日系社会への支援を実現するとともに、広範な市民参加を促進することを目的としています。

【画像】

【画像】

日系研修「建築設計」 研修の様子

重点分野

保健医療、社会保障、教育、農業/農村開発、水産、民間セクター開発など

研修期間、研修提案時期

研修員の受入期間は1ヵ月から最長10ヵ月までとなっており、年1回、各団体からの研修受入提案募集を行っています。

【画像】

日系研修「変形性膝関節症等用装具理解及び装着技術習得」 ウチナーンチュ大会でのブースにて

JICA沖縄の日系研修員受入実績

2017年度(計画)

研修期間 機関 研修コース 研修受入機関 人数
個別 短期  建築研修 具志堅建築設計事務所 2
個別 短期  変形性膝関節症等用装具理解及び装着技術習得 株式会社 佐喜眞義肢 2
個別 短期  地域流行型人獣共通真菌症の疫学と診断法の開発 琉球大学 農学部 2

2016年度(実績)

研修期間 機関 研修コース 研修受入機関 人数
個別 短期  建築設計(意匠、構造、及び統計) 具志堅建築設計事務所 2
個別 短期  変形性膝関節症等用装具理解及び装着技術習得 株式会社 佐喜眞義肢 2