2018年1月派遣 青年海外協力隊(JOVC) 仲村 秀一朗(中城村出身)

【画像】

略歴:2006年県立普天間高校卒業。私立キリスト教学院大学入学。在日米軍嘉手納基地空軍基地消防隊に入隊し、8年間消防士として勤務後、青年海外協力隊へ参加。

≪任地での活動≫
派遣国:ジャマイカ
職種:防災・災害対策
配属先:ポートランド教区事務所 防災課
活動内容:教区内の防災対策を向上させるために、地域住民を対象とした防災意識を高めるためのワークショップや防災訓練の実施。また、緊急時の連絡網、避難所リスト、避難救助計画や避難所運営について活動を行う。
派遣期間:2018年1月9日~2020年1月8日

インタビュー

2018年1月からジャマイカに派遣された仲村 秀一朗さんに、派遣前の心境をインタビューしました。

1.志望の動機を教えてください。
キャリア形成のため
2.JICAボランティアに参加するために何か準備はしましたか?
特にありません。
3.派遣前訓練はどうでしたか。
様々なバックグラウンドをもった隊員と知り合うことができて良かったです。
4.これから派遣先でどういう活動をしていきたいですか
任国と日本双方のためになるようなことをしたいです。
5.今の気持ちを漢字一文字で!
「白」
私の人生の新たなチャプターの幕開けだからです。